現場配達 | プロは「匠の一冊」、それさえあればいい。

プロは「匠の一冊」、それさえあればいい。

建築現場

現場配達

匠の一冊で、平日の15時/土曜の12時までに注文すれば、当日出荷してもらうことができる。
最短で、必要な物がある場合は、上記の時間内に注文すれば、時間的なロスを最小限に抑えることができるのである。

しかし、問題は配送先である。事務所に配送されるのであれば、現場から事務所まで取りに行かなくてはならない。
施工業者の多くは、対応エリア内であっても、それなりに距離のある現場まで赴かなくてはならない場合がある。
そうなってしまうと、事務所まで取りに行くための時間が必要になってしまうし、人も必要なため作業が遅れてしまう可能性も考えられる。
こういった点で、時間や人を使ってしまうと、作業スピードを落としてしまうだけでなく、無駄なコストもかかってしまうためできることならば避けたい。

しかし、匠の一冊であれば、現場まで配達してくれるというメリットがある。
当日出荷ということに加えて、現場まで配達してくれるため、作業の手をストップさせる必要がない。
もちろん、上記にもあるように、現場から事務所まで取りに行く必要がないため、余計な交通費もかからない。
施工業者は、施主に対してより良いパフォーマンスを提供する必要があるが、匠の一冊は、施工業者に対してより良いパフォーマンスを提供してくれるのである。

必要な工具や資材は足りず、作業を進めることができないこともあるが、そういった時こそプロの腕の見せどころである。
ほかに、進めることができる作業を行う、必要な準備を先に進めておくといった対応をすることで、時間的なロスを削減することができる。
しっかりと、施主に伝えた工期で終えるためには、こういった臨機応変な対応が必要となってくるであろう。