小ロット可 | プロは「匠の一冊」、それさえあればいい。

プロは「匠の一冊」、それさえあればいい。

ネジ

小ロット可

施工するにあたって、たくさんの工具・資材等が必要になる。
工具に関しては、その工具の寿命が尽きるまで繰り返し使用することができるが、資材に関しては消耗品であるため、必要になる都度購入しなければならない。
一度の施工でも、大量の資材が必要になるため、購入する際はロット購入することがほとんどである。
ロット購入とは、言い換えると箱買いという意味である。つまり、1ロットを購入するということは、1箱分まとめて購入するということである。
釘やねじを、例に挙げるとわかりやすい。釘が単品で販売されている場合、100本入りのケースごと購入することをロット買いと言うわけである。
ただ、この場合、例えば10ケースで1ロットとすることもある。
ロット購入をするということは、大量に発注することになるため、その分コストがかかってしまうと思われがちだが、まとめて購入したほうがお得になる場合もある。
そのため、購入する際は、ロットで購入するのがお得なのか、ケースで購入するのがお得なのか、必要に応じてしっかりと考えると良い。

ただ、場合によっては、小ロットで購入したいということもある。
しかし、販売業者の中には、ロットでしか販売していない業者もある。
その点、匠の一冊であれば、小ロットでの注文も可能なため、ニーズに合わせて必要な物を購入することができるのである。
こういった、資材等にかかるコストというのは、しっかりと計算してできる限りの無駄を省きたい。
小ロットで注文できる匠の一冊であれば、無駄のない購入を行うことが可能なのである。